加齢だけではない頬のたるみの原因

若いのに頬のたるみで悩んでいる人は多いようですが、頬にたるみが出来てしまう原因は加齢だけではないのです。頬の張りや肌の弾力は、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などが十分行き渡ることで保たれています。

頬のたるみは肌自体の力の低下が要因になっており、保湿力を高める成分が足りなくなると出る症状です。肌のたるみは年齢による影響のほか、紫外線や不摂生も深く関係しています。姿勢の悪さや、眼精疲労などが、肌のコンディションを左右してしまうこともあるようです。

身体に負担のかかる姿勢で長時間いると、そのせいで血液の流れが滞ることがあります。背中を丸め、あごを突き出し、体が歪むだけではなく、頬に下方向への力を加え続けることで、頬のたるみが起こります。悪い姿勢が日常でも習慣化されてしまうと、皮膚や顔の筋肉に影響を与え続けて、たるみに拍車をかけているのです。人間の体は猫背でいるようにはできていないので、ずっと猫背でいると、使わない筋肉や、負荷のかかる筋肉な影響が出ます。

頬のたるみを引き締めたい場合にすべきことは、油分や糖分、脂質の多い食事を摂らないようにすることです。何事も過ぎたるは及ばざるがごとしで、脂質や糖質の摂取量を0にすると逆に身体によくない影響をもたらしますが、過剰摂取は絶対に行わないようにしたいものです。フェイスマッサージで顔の血流を改善し、皮膚を引き締めて頬のたるみを解消することもできますが、皮膚にダメージを与えないようにしましょう。

セラミド配合の高保湿美容液がおすすめです

コメントを残す